「事業再構築補助金」活用のすすめ
中小企業の皆さまが、思い切った事業再構築に取り組むチャンス!
i-smartからご提案
補助額 6,000万円 (上限)

事業再構築補助金とは?

・ポストコロナ・ウィズコロナの時代の経済社会の変化に対応するため、中小企業等の思い切った事業再構築を支援することで、日本経済の構造転換を促すことを目的とする国の補助金です。(中小企業庁の中小企業等事業再構築促進事業)

・コロナの影響で厳しい状況にある中小企業、中堅企業、個人事業主、企業組合等を対象とします。申請後、審査委員が審査の上、予算の範囲内で採択します。

◆補助額 100万円~6,000万円

◆補助率 2/3

(中小企業者向け、通常枠の場合)

電卓とビジネスマン

補助対象要件は以下の3項目

POINT
01

売上が減っている

2020年10月以降の連続する6か月間のうち、任意の3か月の合計売上高が、コロナ以前(2019年又は2020年1~3月)の同3か月の合計売上高と比較して10%以上減少している。

悩む経営者
POINT
02

事業再構築に取り組む

事業再構築指針に沿った新分野展開、業態転換、事業・業種転換等を行う。

電卓とお金
POINT
03

認定経営革新等支援機関と事業計画を策定する

・事業再構築に係る事業計画を認定経営革新等支援機関と策定する。補助金額が3,000万円を超える案件は金融機関(銀行、信金、ファンド等)も参加して策定する。

・補助事業終了後3~5年で付加価値額の年率平均3.0%以上増加、又は従業員一人当たり付加価値額の年率平均3.0%(同上5.0%)以上増加の達成を見込む事業計画を策定する。

打合せ

補助対象経費

●建物費(建物の建築・改修、建物の撤去、賃貸物件等の原状回復)

●機械装置・システム構築費(設備、専用ソフトの購入やリース等)、クラウドサービス利用費、運搬費

●技術導入費(知的財産権導入に要する経費)、知的財産権等関連経費

●外注費(製品開発に要する加工、設計等)、専門家経費

●広告宣伝費・販売促進費(広告作成、媒体掲載、展示会出展等)

●研修費(教育訓練費、講座受講等)

募集スケジュール

第3回公募は9月21日締め切り。その後も今年度あと2回程度公募が行われる見込みです。

詳しくは、事業再構築補助金のホームページをご覧ください。

(https://jigyou-saikouchiku.go.jp)

活用例

飲食業での活用例

レストラン→陸上養殖へ

レストランを経営していたが、コロナの影響で売上が大きく落ち込んだため、レストランを廃業し、短期間で生育、出荷できる「サバ」の陸上養殖事業に業態転換

補助対象経費:

・レストラン→養殖場への建物建て替えの費用

・陸上養殖のための生簀、水浄化・循環装置、温度環境管理システム導入費用

・全国への広告宣伝などの販促費用

製造業での活用例

精密部品製造→水耕栽培へ

航空機部品を製造していたが、コロナの影響で航空機需要が激減し売り上げが大きく落ち込んだため、関連設備の廃棄等を行い、通年で無農薬野菜を出荷する水耕栽培に業態転換

補助対象経費:

工業用設備撤去の費用

・水耕栽培のための新規設備導入にかかる費用

・従業員への教育のための研修費用

Contact

お問い合わせ

Access

高性能な水処理装置を全国各地にお届けしてご納得のお言葉を多数いただいています

概要

店舗名 株式会社i-smart
住所 長野県松本市井川城3丁目1−5
電話番号 0263-88-3478
営業時間 8:30〜17:30
定休日 土日祝
最寄り 全国対応

アクセス

各地の様々な施設において、クオリティーの高い水処理装置をご利用いただいています。今後も少しずつ導入実績を増やしていきたいと考え、全国各地に向けて、バリエーション豊かな商品のご紹介や配送などを行っています。初めてお問い合わせいただく方も歓迎いたします。
RELATED

関連記事