「ものづくり補助金」活用のおすすめ
中小企業の設備投資等を支援する
i-smartからご提案
補助額 100~1,000万円 補助率1/2
ものづくり補助金

事業の目的、補助額、補助率

ものづくり補助金(正式名称:ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金)は、中小企業・小規模事業者等が今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス導入等)等に対応するため、中小企業・小規模事業者等が取り組む革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資等を支援するための補助金です。

 

◆ 補助額 100~1,000万円

◆ 補助率 中小企業は 1/2

     小規模企業者・小規模事業者は 2/3

 

※上記は「一般型」の場合

※「低感染リスク型ビジネス枠」は中小企業でも補助率2/3

※「グローバル展開型」は補助額1,000~3,000万円

制度の概要

POINT
01

補助対象要件

以下を満たす3~5年の事業計画を策定し実行すること

■事業者全体の付加価値額を年率平均3%以上増加

■給与支給総額を年率平均1.5%以上増加

■事業場内最低賃金を地域別最低賃金+30円以上の水準に

PKU4141326PAR58282_TP_V4
POINT
02

補助対象経費

●機械装置・システム構築費(設備、専用ソフトの購入やリース等)

※必ず1つ以上、単価50万円(税抜き)以上の設備投資が必要

●運搬費

●技術導入費(知的財産権導入に要する経費)

●知的財産権等関連経費

●外注費(製品開発に要する加工、設計等)

●専門家経費

●クラウドサービス利用費

●原材料費(試作品の開発に必要な原材料及び副資材)

OZP_senbanwoganbaru1188_TP_V4
POINT
03

募集スケジュール

◆7次締切分は8月17日(火)応募締め切り。

(8次募集は令和3年11月ごろ、9次募集は令和4年2月ごろ締切の予定)

 

※制度の詳細は、中小企業庁「ものづくり補助事業公式ホームページ」をご覧ください

Yuu171226IMGL0015_TP_V4
補助金の活用例

陸上養殖

◆従来の課題◆

生け簀内のバクテリア、藻の発生によって、ひんぱんに水の入れ替え、生け簀の清掃が必要で、ムダな工数・費用が発生していた。

 

◆補助金活用で経営革新◆

ラジカル応用の水循環・浄化システムを導入してバクテリア、藻の発生を抑制

●頻繁な水の入れ替え、生け簀の清掃が不要となり、生産性向上、コスト削減

●育成環境が改善され、魚の成長スピードUP、肉質向上

●不純物を分解して排水するため、環境負荷の低減を実現

スイーツ店

◆従来の課題◆

手作業の多いスイーツ生産工程で、アルコール消毒を頻繁に繰り返すためスイーツの風味が落ち、スタッフの手荒れも深刻

 

◆補助金活用で経営革新◆

オゾン空間除菌、オゾン水生成装置を厨房、店舗に設置し、感染予防を徹底した店舗作りで低感染リスク型ビジネスモデルへ転換

●「感染予防が徹底したスイーツ店」として知名度アップ、集客に貢献

●アルコール消毒を最低限に抑えることで、スイーツの風味を保つことができる

●厨房・店舗全体として感染予防を徹底することで、スタッフの負荷を低減

Contact

お問い合わせ